人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番! (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/3/15

不動産業

内容(「BOOK」データベースより)

古いシャッター通り商店街にある、ガラス越しにチラシをぺたぺた貼った昔ながらの不動産屋さんを見て、「いつも客なんか誰一人いないのに、なんでつぶれないんだろう?」と不思議に思ったことがないでしょうか。本書を読み進めていくと、実は「不動産屋ほど儲かる商売はない」ことがおわかりいただけるはずです。毎日遊んでいるだけで楽に稼げる「最強の資格」宅地建物取引士になろう!

著者について

吉川英一(よしかわ・えいいち)
富山県在住の個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。マネー誌などで指南役として活躍中。6年前から不動産仲介業を開始し、年に数回の物件仲介で1000万円以上の手数料収入を得ている。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『信用・デイトレも必要なし 低位株で株倍々! 』『不動産投資で資産倍々! 会社バイバイ♪』『坪30万円からできる デザイナーズ・アパート経営』『年に1度は大噴火! 2倍、3倍当たり前!! 低位株必勝ガイド』『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』『サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい』『低位株待ち伏せ投資』(ダイヤモンド社)、『一生好きなことをして暮らすための「不労所得」のつくり方』(光文社新書)などがある

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉川/英一
個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。マネー誌などで指南役として活躍中。6年前から不動産仲介業を開始し、年に数回の物件仲介で1000万円以上の手数料収入を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
第1章 街の不動産屋はなぜつぶれないのか?

不動産屋は毎日が日曜日
不動産屋に社員なんかいらない
不動産屋は最も固定費がかからない商売
パソコンとメールさえ使えれば最強!
不動産屋は他人のふんどしで相撲をとる商売
不動産屋は実はお金のなる木をもっている!

第2章 弁護士よりも不動産屋が儲かるわけ

弁護士は法科大学院制度ができて儲からなくなった
裁判のように結論が出るまで時間がかからない
融資さえつけば、すぐに成功報酬がもらえる
いい物件を紹介すれば、何度も買ってもらえる
新・中間省略登記によって両手仲介が急増

第3章 夜の街を歩けば不動産屋に当たる

不動産屋を開業して花街デビュー
なぜ不動産屋の時計はロレックスなのか
相変わらず接待交際費は使い放題
夜になると「集金に行ってきます! 」
女の子の名前をみんな覚えたら一流
いまだにセカンドバッグを持ち歩いているのは不動産屋

第4章 宅建士はいきなり開業できる最強の資格

受験資格は実務経験不要、四択のペーパー試験のみ
『らくらく宅建塾』だけで合格する方法
宅建士に合格すれば、実務講習だけで開業できる
自宅にいきなりアポなしで訪ねてきたお客さんは1人だけ
不動産屋には特別な人脈もネットワークもいらない
物件入手は不動産ポータルサイト
最初は買い手側仲介だけでも十分

第5章 ネット上にときどき500万円が落ちている

最初は手持ちキャッシュで現金買い
実績をつくって銀行に融資枠を設定してもらう
実需向け中古物件が実は新築より儲かる!
フルリフォームすると、驚く価格で売れていく
年間1戸売れば十分食べていける
いろいろな物件で転売が可能

第6章 空き家急増に便乗した建売住宅販売が儲かる

処分に困っている空き家を格安で取得する
30坪程度の狭小地が狙い目
建売住宅は街中の人気校区が狙い目
木造住宅を高級住宅のように見せるコツ
売れ残った場合は賃貸に回せばいい

第7章 納税額はサラリーマン時代の20倍に!

趣味を仕事にすれば、人生楽しくなる
たった1本電話をしただけで両手仲介で100万円
車で通りすがりに売地看板を見つけて200万円超の仲介料
収益物件に特化すると一番効率がいい
納税額はサラリーマン時代の軽く20倍以上に
不動産屋をやっていると、節税なんてしなくなる

第8章 不動産屋で成功するために必要なこと

一番大切なのは自分の住む地域の相場を知ること
二匹目のドジョウを狙え!
自分も欲しいと思う物件を紹介すること
ファイナンスに精通していること
建築や設備に詳しいこと
タイトルとURLをコピーしました